トップページ ≫ 家賃の滞納をはじめ、周辺住民とトラブルを起こす入居者で悩んでいませんか?

広告アパート・マンションの大家さんへ

家賃の滞納をはじめ、
周辺住民とトラブルを起こす入居者で悩んでいませんか?

家賃の滞納をはじめ、周辺住民とトラブルを起こす入居者で悩んでいませんか?
家賃滞納は支払期日の翌月早々から督促を行うのが基本で、2ヶ月滞納したら黄信号。
連帯保証人からの回収や法的手続きの準備も視野に入れます。
家賃滞納が3ヶ月になると異常事態であり、法的措置を取るべきだと考えます。
周辺住民とのトラブルも放置すると、他の入居者が退去する要因になります。

しかし、いざ、大家さんが自分で解決しようとしても・・・

不良入居者は開き直ったり、大声を出して威嚇したり、隣がうるさいとか、廊下にごみが散乱しているとか、自作自演や根拠もないクレームを言ったりして、社会一般の常識が通じなかったりします。

トラブル処理能力に長けた優秀なスタッフのスキルが必要で、ありきたりの対応方法では早期解決は困難です。

弁護士に頼みますか?

普通の弁護士なら、淡々と書面を作成して、裁判によって債権を回収しようとしますが、あっと言う間に時間が過ぎて家賃滞納は増加したりします。
弁護士も医師と同じで得意分野があります。
離婚問題が得意な弁護士に賃貸の回収を依頼しますか?
産婦人科にむち打ちの治療をお願いするようなものです。

依頼するにも費用は高く、時間もかかります。
相手方と現場で交渉はせず、あくまで法廷での審議が大前提となります。
強制執行まで長引くと新たな依頼費用と滞納分もかさみ、驚くほど高額になることもめずらしくありません。

経験豊富な不動産会社にお任せ下さい。

詳細のノウハウは、ホームページに記載すると不良入居者にヒントを与えてしまいますので、記載できませんが、滞納であれば、弁護士を使わなくても、ほぼ、入居者に契約通り賃料を支払って頂きます。
弁護士を使う場合も、少ない費用で効率よく回収します。

また、不良入居者には契約内容を理解して頂き、守っていただけない方には退去して頂く方法で調整を図ります。

<入居者管理の事例>
滞納常習者を契約更新を機に、滞納しない借主になってもらう

<賃料回収や明渡請求の事例>
夜逃げした借主と保証人に債権執行(預金口座)をかけ、滞納賃料及び原状回復費用を回収

これらのことでお悩みの大家様は、すぐに弊社までご相談ください。
迅速な解決を実現させてみせます!

相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •  

これより先は、外部サイトを表示します。

よろしければ「OK」をクリックしてください。