トップページ ≫ 特集記事 ≫  業界の動向 ≫ 消防法改正によるリスクマネジメントでリスク低減と収益アップ

特集記事

業界の動向

消防法改正によるリスクマネジメントでリスク低減と収益アップ

取材:リプロス代表 松尾充泰

消防法改正(平成18年6月1日)により、住宅に火災警報器(火災報知機などを含む)の設置が義務化されたことは、不動産業界に関係する皆さんは既にご承知の事だと思います。
その後、管理会社はどのような対応策をとっているのか気になる業界の動向をレポートします。そこには、リスク低減と収益拡大のチャンスが見えました。


この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。

詳細・関連

●消防庁のホームページ
http://www.fdma.go.jp/
●消防法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html
●火災警報器販売サイト(リプロスストア)
http://www.repros.jp/shop/

関連記事

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •