トップページ ≫ 最新ニュース ≫  その他 ≫ エレベーターの閉じ込め発生状況を発表

最新ニュース

その他

エレベーターの閉じ込め発生状況を発表

大阪市は、同市市有施設に設置するエレベーターを保守点検する各社に対し、過去5年間(平成15年度〜平成20年1月末)に対応した機器不良による閉じ込め発生状況について報告を求め、255件の報告を受けたので、これらをまとめ、6月2日に発表した。

閉じ込め率は、設置台数100台あたり、年間平均2.0件で、閉じ込め発生の原因としては、「制御基盤、リレー関係の制御系統の故障」、「扉開閉装置の電気系統の故障」、「扉開閉装置の機器不良」、「押しボタンや電源主回路の接触不良など」の4項目が全体の約75%を占める。

この結果に基づき、保守点検会社に対して4月下旬、「機器の取替えスパンの基準を早める」などとした要請を行ったという。

調査結果の詳細は以下。
http://www.city.osaka.jp/jutaku/wnew/pdf/wnew_282_01.pdf

2008年6月20日

詳細・関連

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •