トップページ ≫ Q&A ≫  オーナー様 ≫ 一括借上管理契約で安心して賃貸経営できますか?

イベント情報

 
一括借上管理契約で安心して賃貸経営できますか?

長期期間にわたる一括借上管理契約であっても、契約更新時に条件変更(賃料減額など)の可能性がある事を理解しておく必要があります。

一括借上管理契約(一般的にはサブリース契約と呼ばれている)は、 10年〜30年ぐらいの長期期間にわたって管理会社が物件を借上げてくれる為、長期間安定した賃貸経営ができると考えられています。しかし、賃料相場が下がるなどした場合には、契約更新時に管理会社からオーナーに対して賃料減額などの契約条件変更を求めることも考えられるため、必ずしも「安定した賃貸経営ができる」とは言い切れません。 バブル期の借上契約などでは、賃料を毎年数%アップする事を前提にしたものもありましたが、バブル崩壊により相場とかけ離れてしまい、結果、管理会社が賃料の減額を求めて訴訟にまで発展し、最終的には裁判所が賃料の減額を認めた判例もあります。 管理会社の倒産などがない限りは契約賃料としての収入は安定し、空室の心配や滞納、入居者とのトラブルなどは避ける事ができる一括借上管理契約ですが、長期間にわたり同じ賃料を保証するものではなく、更新時に賃料が見直され減額される可能性がある事を理解しておく必要があります。相手が管理会社と言えども、あくまでも借主なので、相場でしか借上げできないのが現実です。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •