トップページ ≫ ノウハウ ≫  公認会計士・友弘正人先生の税制ノウハウ ≫ 外貨建資産・負債に関する税務 〜変動する外国為替相場に対応するには〜

公認会計士・友弘正人先生の税制ノウハウ

外貨建資産・負債に関する税務 〜変動する外国為替相場に対応するには〜

【1】はじめに
資産運用における分散投資も、株式、債券、不動産などから更に細分化され、外国為替取引や商品先物取引が増加しています。それに伴い、税制も複雑化されていますので、正しい税務知識が必要になります。そこで今回は、多様化する金融商品の中で、特にリーマンショック以後の超円高を背景に外貨建資産・負債の税法上の取扱いや節税方法等を取り上げていきたいと思います。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2012.06/26

関連記事

友弘正人 (ともひろまさと)
(公認会計士・税理士・CFP・行政書士)
昭和24年生まれ。
中央大学商学部卒業。昭和50年公認会計士第2次試験合格開業。監査法人大成会計、アクタス監査法人社代表社員を経て、平成12年株式会社トータル財務プラン代表取締役。株式会社アート相続プラン代表取締役を兼任している。
NHK文化センター、商工会議所、日本経済新聞社、中小企業センター、三和総研、日本総研、その他講義・講演マネジメントサービス活動を展開。
詳しいプロフィールはこちら ≫

お問い合わせ
株式会社トータル財務プラン
友弘正人公認会計士事務所
〒651-0087 神戸市中央区御幸通3丁目1番8号 ライオンズ 三宮ビル2階
TEL:078-221-7711 FAX:078-221-7717 http://www.topp.ecnet.jp/

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •