トップページ ≫ ノウハウ ≫  弁護士・亀井英樹先生の法律ノウハウ ≫ マスターリース契約と正当事由に関する判例について

弁護士・亀井英樹先生の法律ノウハウ

マスターリース契約と正当事由に関する判例について

出典:ウエストロー
http://www.westlawjapan.com/


第1 建物賃貸借契約の更新拒絶と正当事由
サブリース業者が転貸を目的としてアパートを借り上げる契約(マスターリース契約といいます)については、借地借家法の適用があることは、最高裁第三小法廷平成15年10月21日判決(敷金請求本訴、賃料相当額確認請求反訴事件平12(受)573号 ・ 平12(受)574号)で明示されており、不動産賃貸業等を営む甲が、乙が建築した建物で転貸事業を行うため、乙との間であらかじめ賃料額、その改定等についての協議を調え、その結果に基づき、乙からその建物を一括して賃料自動増額特約等の約定の下に賃借することを内容とする契約(いわゆるサブリース契約(マスターリース契約))についても、借地釈放32条1項の規定が適用されると判示しています。
しかし、建物オーナーがサブリース業者とのマスターリース契約について、期間満了の際に更新拒絶ができるのか、その場合に正当事由としてどのような要素が必要となるのかについては、まだ判例は十分に固まっているとは言えない状況です。
そこで、平成24年 1月20日、東京地方裁判所がマスターリース契約の更新拒絶の有効性が争われた事例において、賃貸人の正当事由を否定する判断を示しましたので、ご紹介致します。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2013.11/12

関連記事

亀井英樹(かめいひでき)
東京弁護士会所属(弁護士)
昭和60年中央大学法学部卒業。平成4年司法試験合格。
平成7年4月東京弁護士会弁護士登録、ことぶき法律事務所入所。
詳しいプロフィールはこちら ≫

【著 作 等】
「新民事訴訟法」(新日本法規出版)共著
「クレームトラブル対処法」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修
「管理実務相談事例集」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修
「賃貸住宅の紛争予防ガイダンス」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •