トップページ ≫ ノウハウ ≫  弁護士・亀井英樹先生の法律ノウハウ ≫ 賃貸住宅管理業者の業務処理上のポイント

弁護士・亀井英樹先生の法律ノウハウ

賃貸住宅管理業者の業務処理上のポイント

【1】はじめに
賃貸管理業者登録制度については、平成23年12月1日に開始され、現在は、各申込み業者に対し、順次登録手続が実施されている状況です。
前回は、賃貸管理業者登録規定に基づく登録の際の注意点について、「解釈・運用基準」を参考にして説明しましたが、今回は、登録後の業務処理の方法についての規定である、賃貸住宅管理業務処理準則の内容を、「解釈・運用基準」を参考にして説明したいと思います。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2012.01/24

関連記事

亀井英樹(かめいひでき)
東京弁護士会所属(弁護士)
昭和60年中央大学法学部卒業。平成4年司法試験合格。
平成7年4月東京弁護士会弁護士登録、ことぶき法律事務所入所。
詳しいプロフィールはこちら ≫

【著 作 等】
「新民事訴訟法」(新日本法規出版)共著
「クレームトラブル対処法」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修
「管理実務相談事例集」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修
「賃貸住宅の紛争予防ガイダンス」((公財)日本賃貸住宅管理協会)監修

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •