不動産・コンサルタント倉橋隆行先生の不動産投資ノウハウ

間違いだらけの賃貸管理

相続対策もPM業務の一環(4)

事例

 当社がコンサルティングした建物の基礎工事に立ち会った時のことです。

 現場では、基礎がまだ水平になっていない状態で土台を組んでいる場面でした。

 そこで当社のスタッフが、水準器をあわせ傾斜があること確認し、その建築業者にいったん施工を止めてもらい、もう一度レベラーで水準を取り直すように指示しました。

 そうすることで、将来建物が不具合になるというリスクを回避させたわけです。

 仮に、そのまま基礎の水準が保てないうちに土台をのせ、その土台の木材等で調整すると、ある日突然建物が傾くという、いわばテレビ等で社会問題化している“欠陥住宅”となってしまいます。

 “欠陥住宅”というのは、周知のとおり、建てた会社はほとんど倒産しますが、すぐに新たな会社を設立して、同じようなことをする可能性が高いのです。

 そして、“欠陥住宅”の家主あるいはオーナーさんがその責任を追及することは難しく泣き寝入りすることになります。

 ですから、建物の「施工を管理する」ということは大事な管理会社の仕事なのです。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2007.01/09

関連記事

倉橋隆行 (くらはしたかゆき)
1958年9月25日生
96年に(社)全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。98年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産体系研究所創設に伴い、取締役所長に就任。99年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に(株)三春情報センターを退職。そして、資産運用管理会社である(株)CFネッツを創立し、代表取締役に就任。2001年、2002年JREM国際CPM協会副会長就任。2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士サーティファイド・プロパティマネージャー)の称号を日本で初めての公式試験受験による取得者となる。現在、グループ企業4社の代表取締役と取締役、その他公益法人の役職をこなし、超多忙な仕事をこなしている。
詳しいプロフィールはこちら ≫

お問い合わせ
株式会社シーエフネッツ
〒234-0054 横浜市港南区港南台3丁目3番1号 港南台214ビル512号
TEL 045-832-7440  FAX 045-832-7452 http://www.cfnets.co.jp/

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •