トップページ ≫ ノウハウ ≫  リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ ≫ アパート経営・マンション経営のすすめ第1回 アパート経営・マンション経営の勘違い

リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

アパート経営・マンション経営のすすめ第1回 アパート経営・マンション経営の勘違い

 昨今、サラリーマン大家さんがアパート経営・マンション経営を指南する書籍やセミナーが大流行です。

 しかし、サラリーマンが本当にアパート経営をすること はできるのでしょうか?

 答えは、簡単ではありませんがもちろんできます。

 ただ、アパート、マンションの大家さんがどれぐらい経営者としての認識があるのか疑問です。

 これは、サラリーマン大家さんに限った事ではなく、地主と言われ先祖代々から土地を受け継ぎ、土地活用の一環としてアパート経営・マンション経 営をされている方にも言えることだと思います。
 さて、アパート経営やマンション経営を指南する書籍や、収益マンション(投資用マンション)を販売している会社の広告を見ると、アパート経営・マンション経営を株などと同様、投資のひとつのような説明がなされていたりします。

 確かにアパート経営・マンション経営は、投資のひとつではありますが、まさしく 「経営」なのです。

 株のように投資家として、株券を所有して、経営者が判断した会社からの配当を待っているだけでは駄目なのです。

 投資家であり、かつ、経営者として、投資効果の目標、目的を明確にもち、リスクを計算しながら計画を立て利益を追求していく必要があります。

 ところが、大半の大家さんは、アパー ト・マンションを所有するだけで、計画といっても簡単なローンの返済計画ぐらいで、投資家としての認識がないうえに、経営者の認識もあまりないように感じ ます。

 かつて私が見てきたアパート経営・マンション経営で失敗している大家さんの多くはこのような人達です。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2005.05/31

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •