トップページ ≫ ノウハウ ≫  リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ ≫ 賃貸マンション、アパートの市場価値を高める方法

リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

賃貸マンション、アパートの市場価値を高める方法

 賃貸マンション、アパートの市場価値を高める方法を考えた事があるでしょうか?
 今回はアパート、マンションなど賃貸物件の市場価値を高めて、少しでも高い価格で売却できるようにする為の考え方をご紹介します。

 ところで、ここで私が言う市場価値とは何かを先に定義する必要があるかもしれません。それはつまり、物件を売却しようとした場合に市場で売れる価格のことです。

 日本では、地主さんと呼ばれる人達が所有している土地にアパート、マンションなどを建てて、大家さんになっているケースが多くあり、取得した不動産を長期間保有し、売却の事は考えていない、という人もいるかと思います。

 しかし、いずれは相続などの機会に売却する事もあるでしょうし、そもそも、一般的には市場価値が低いより、高いほうが良いはずです。

 ご自身が売却を考えなくても、資産を子孫に残すにしても、この事は、しっかりと考えなくてはなりません。

 では、どのようになれば、市場価値が高まるのでしょうか?
 答えは、簡単です。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2006.08/29

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •