リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

費用対効果(CCR)

 前回は「賃貸マンション、アパートの市場価値を高める方法」と題して、市場価値に大きな影響を与える賃料を下落させない事が重要であり、その為に計画的なメンテナンスや改修が重要であることを説明しました。

 しかしながら、メンテナンスや改修などに費用をかけ過ぎてはいけませんので、今回は費用対効果の計り方の1つであるCCRを使った方法を紹介します。

 ところでCCRって何?

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2006.09/26

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •