リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

物件の設備・仕様を考える

 物件の建築やリフォームを考えたとき、どのような設備・仕様にすれば良いか、非常に悩まれると思います。

 本来は、永遠に入居者に好まれる物を提供できれば、良いのですが、それは、非常に難しいと思います。

 なぜなら、ライフスタイルが変化し、好みが変わるからです。

 私はリフォームを繰り返しながら、時代にあった物を提供できれば、それで良いと考えています。

 もちろん、投資した資金を回収できる事は前提条件です。

 以下は、私が日ごろコンサルティングなどで、ご提案する時に考えるポイントを纏めてみました。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2004.04/09

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •