トップページ ≫ ノウハウ ≫  リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ ≫ 第4回「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」のリプロス流解体新書

リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

第4回「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」のリプロス流解体新書

 今回解説する部分は、原状回復義務の考え方として、どの範囲までが義務なのかを図と表をまじえて紹介されています。

 この部分の解説は、非常に重要ですので2回に分けて解説したいと思います。

 ポイントは、原状回復の定義がここで示されている事と通常損耗も経年変化も賃料に含まれている事にあります。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2004.07/27

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •