トップページ ≫ ノウハウ ≫  リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ ≫ 東京都の原状回復問題に関する条例公布「東京ルール」を考える≪管理会社≫

リプロス代表・松尾充泰の賃貸経営ノウハウ

東京都の原状回復問題に関する条例公布「東京ルール」を考える≪管理会社≫

 東京都が2004年3月31日に原状回復問題に関する紛争を防止するための条例を公布し、2004年10月1日から施行される事になりました。

 いわゆる『東京ルール』と呼ばれるこの条例は、宅地建物取引業者に対して住居の賃貸契約に伴い、あらかじめ明らかにすべき事項について書面を交付し、重要事項と併せて口頭でも説明することを義務づけたものです。

この記事の続きをご覧頂くにはログインが必要です。

大変お手数ですが、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインして頂きますようお願いいたします。
会員登録をされていない方はコチラからご登録下さい。
2004.04/09

関連記事

松尾充泰 (まつおみつひろ)
(賃貸不動産経営コンサルタント)
昭和43年大阪生まれ。
96年に賃貸不動産業界での職務経験を生かし、賃貸不動産業界向けソフトウェア開発会社、アクセス株式会社を設立。その後、賃貸不動産会社に対する業務コンサルティング、大家さん・賃貸不動産業界のビジネス支援サイトを運営する、株式会社リプロスを2003年に設立。

ログイン

メールアドレス
パスワード

パスワードを保存する

パスワードを忘れた方

イベント

イベント一覧へ
  • イベント情報はありません
  •